« 足をつかんだのは誰?!! | トップページ | やっと観られた!This is it »

2009年11月25日 (水)

また一つ消えた!

21日から始まったリズミックムーブメントが24日で終わりました。

レベル1&レベル2です。1月のレベル3を受講してケーススタディを提出したら、コンサルになり、セッションの許可がおります。

ブレインジムのインストラクターだからだそうです。

ブレインジムでも原始反射の勉強をして凄い!と思ってましたが、何せ面倒な運動があり、私には向かないと思ってました。

全ての反射を調べて解いていきますが、それが大変です。

人間は一つで全部な存在で、一つの反射だけやれば良いと言うものでもありません。

しかしリズミックムーブメントは簡単で単純の動作でそれがあっという間に消えます。

赤ちゃんだった息子が抱かれるとき後ろに反ってた意味も、爪先立ちで歩き続けた意味も、突然泣き叫んでいた意味も分かりました。

その時は専門家でも説明できなかった沢山の謎が。

そして私の謎も一つ分かりました。

私は悲しいドラマや映画が観られません。心が押しつぶされそうで、「南極物語」「や「ハチ公」なんて絶対観られませんよ。

観たいなんて絶対思いませんでした。悲しくてつらい映画なんてどうしてみたいのだろう?と思ってました。

それで今日のセッションでその事を目標にしてみました。

「悲しいドラマを観ても平和な気持ちで居られる」と。

筋反射で動作を選びます。

一つ選びました。ひざを立てて仰向けに寝てる私のひざの裏に手を入れて、足先の方へ引っ張ってもらうのです。何度か前後に引っ張ります。

その間にその目標を考えました。南極物語を見てるつもりになって。

その時突然思い出しました。

私は二歳の頃母親だけに育てられていました。父親は沖縄へ高校の野球コーチとして行っていて、向こうの女性と不倫の末に私たち母子を捨てたそうです。

母子家庭になったので、母は熊本の他人の家に私を預け、福岡へ働きに行きました。熊本では働く場所もそう無かったようです。

母は働いたお金を殆どその家に送ったそうです。私の為だと思って一生懸命働いて、お金を送り続けたそうです。

ある時友人が熊本へ帰るので、私の様子を見てほしいと頼んだそうです。

その友人から直ぐに迎えに行くようにと、その後連絡が入ったそうです。

二歳の私は食事も満足に与えられずに、栄養失調になっていたそうです。

ほったらかしでご飯も満足に与えられなかった私は、親に捨てられたと思っていたようです。

これはイギリスに行ったとき、その時の事を見てくれたおにょさんに言われていました。

その時の記憶は全く無いのですが、お腹すいたと訴えることも無く、ただ我慢していたようです。

自分たちが貧しいので、お金を貰っていたのに、私には殆ど与えなかったのでしょう。

私が南極物語やハチ公が見られないのは、どちらも置いていかれたからですね。

ハチ公は飼い主が死んだことを知らずに毎日いつもの駅に迎えに行きます。

これもある種置いていかれた事になります。

この事が足をただ引っ張ってもらっている間に分かったのです。涙が滲みました。思いっきり泣くことを許されなかった私の子供時代の癖で、人前では泣けません。

ファシリテーターのYさんとハグして、私は二歳の自分も癒しました。「もう大丈夫だよ、私がいつでも一緒だから」と。

その後南極物語を考えてもハチ公を思っても、何も感じませんでした。

あれだけ考えるのも辛く感じていたのに。

こんな簡単な事で癒されたのです。

この反射を取るリズミックムーブメントは、感情も癒し、恐怖感も取り去ります。

島根から参加のYさんは、お父さんとの確執が、やはり単純な動作で癒えました。

参加した皆、これらの変化に驚きの連続でした。

こんなに簡単に長い間の苦しみが癒されたり、消えたりするのです。

そして今回分かったことは、子供は抱っこしてもらったり遊んでもらうことが大切だと言うことです。

これが脳を発達させるのです。

決してテレビでアニメや物語を見せてだけ居ても脳は育たないのです。

そして抱っこやスキンシップが無いとね。

自閉症はスキンシップが苦手ですが、これも反射のせいです。

反射を簡単な動作で取り去り、変えていくことが出来ます。

こんな世界だったのですね。やっと色々な謎が解けました。

12月にはケーススタディを取ります。

1月にはレベル3を受講します。次は恐怖麻痺を扱うそうです。

楽しみです。

脳って本当に面白いです。

|

« 足をつかんだのは誰?!! | トップページ | やっと観られた!This is it »

リズミックムーブメント」カテゴリの記事

コメント

私もこの日記を読んで、自分が生まれたばかりの頃を
少しだけ思い出した様な気がしました。
私は弟が産まれるまで色んな人に預けられましたので。
それ以外の事も以前思い出した事がありましたが、
その事が本当かどうかはまだ分かりません。
気を悪くされるかもしれませんが、華永さんの過去は
私と似てる様で、この日記を読んだ時に胸が痛くなって
心が震えました(感動の震えでは無いです)
華永さんのお役目が相当な物だとは思っていましたが
そう言う方は生まれる前にそれなりの覚悟を持って
生まれて来てらっしゃるのでしょうね。
読んで下さり有り難うございます☆

投稿: マスカット☆ | 2009年11月26日 (木) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足をつかんだのは誰?!! | トップページ | やっと観られた!This is it »