« 原始反射の統合中に咳が止まる人、咳き込む人 | トップページ | 明日は(既に今日)3D版アバター観るぞ! »

2010年1月24日 (日)

「遊びに行っちゃあ駄目!」

と、我が家の愛猫タっチャンに夫が行った時、私はいつものように「いいじゃん、遊びに行かせてよ!」と言ったのですが、瞬間、思い出してしまいました。

子供の頃、遊びに行きたくても行かせてもらえなかった事を。

10回に一回位は許可が出るのですが、妹の面倒を見なくては駄目だといつも言われていたのです。

8歳下の妹が生まれてからですから、私が8歳頃からずっと縛られていました。

小学校から真っ直ぐ帰って妹の面倒を見るのです。赤ちゃんの妹を、乳母車に乗せて町を回ったり、兎に角それが当たり前と父親(継父)は思っていたようです。

母は、経営していた婦人服の店の女主人としてお店に出尽くめ。父は仕入れや値段付けはやりますが、家に居ました。

子供ですから友達と遊びに行きたくて仕方ありません。でも8歳下の妹と一緒では無理です。で、いつも悲しい思いをしていました。

で、娘が生まれてから、私が娘によく言ってたのは「遊びに行ったら?」でした。

娘は外向きの子じゃないので、大体家に居たがる子だったので、理解できませんでしたね。ノビノビ遊びに行かせてあげたいと思っていたのですが、本人が行きたがらないのですから。

で、タッチャンの話に戻りますが、タッチャんが「外に行きたい!」と泣くとき、夫はよく「駄目!」と行かせたがらないのですが、その言葉を聞くたびに「行かせてあげてよ!」と私が言うのは、自分と重なっていたからなのですが、今日は感情まで戻ってきました。

これってこの所毎日原始反射の統合セッションを行っているので、私自身も統合されていってたのでしょう。

前回の「動物のドラマを平静に楽しめる」と言う事が二歳の頃の出来事とオーバーラップしていた事を思い出し、解消できたのですが、今日は遊びに行かせてもらえなかった・・と言う辛い思い出を昇華できたのかも知れませんね。

やっぱり凄い!原始反射の統合♪
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

|

« 原始反射の統合中に咳が止まる人、咳き込む人 | トップページ | 明日は(既に今日)3D版アバター観るぞ! »

リズミックムーブメント」カテゴリの記事

不思議系独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原始反射の統合中に咳が止まる人、咳き込む人 | トップページ | 明日は(既に今日)3D版アバター観るぞ! »