« 不思議なブレスレット | トップページ | »

2010年5月23日 (日)

40年ぶりの再会

中学、高校と一緒だった友人から、毎年丹波ウドが送られて来るようになって、かなり経つ。
嫁ぎ先が農家で丹波ウドを作っていて、新聞にも載ったとか。
兼業農家で、夫婦で勤めに出ているので、兼業農家をやってる。

今年も又送られてきたので、電話したら留守だったので、留守電にお礼のメッセージを残したら後日メールが届き、入院している事を知った。
片肺を取るとか書いてるし、三回目の入退院とか言ってるので、癌だろうと予測していた。

ギリシャから戻ったら関西で集いを開催する予定だったので、その時にお見舞いに行く事を伝えた。

ギリシャのお土産は食べ物が多かったけど、素敵なティシュペーパーカバーを買って来たので、それを持参する事にした。
病室に絶対在るのがティシュペーパーだから、素敵な花柄リボン織りの物は良いだろうと。

一緒に同行した共通の友人は、手作りのやはり素敵な花をお見舞いに届けた。

殺風景な病室が明るくなって、華やいだ。

そして前夜彼女のブレスレットを作る時、きっとやせ細っているだろうと、小さめのものを作った。

そして病室で再会したYさんは、特にやせ細ってるわけでもなく、元気そうだった。ブレスレットを着けてもらうと、ブレスレットは小さすぎた!(・・;)

それで私のブレスレットの中から選んでもらうと、可愛いのに何故か大きいサイズの物を作ってしまって不思議だったが、Yさんがピッタリ!

Yさんのだったのね。o(^o^)o

気に入ってくれたのでプレゼント。とっても喜んでくれました。

病院はエネルギーが重いし浄化しなくてはいけないものが多いので、例の如く眠い!友人も死ぬほど眠かったらしい。

元気になったら神戸で美味しいもの食べようねって約束して病院を後にした。

ナノは入れてきましたよ。もちろん許可を得て。
元気になぁれ。

|

« 不思議なブレスレット | トップページ | »

コメント

40年振りの再会ですか。感無量だったことでしょう。
私も3月末、52年振りに小中学の合同クラス会に出席して来ました。
懐かしかったですよ。でもこの歳なので何人ものクラスメートが天国へ先立っていました。
善人ほど早く亡くなるのは理不尽ですが、私ももう直ぐ彼らと会えるのでしょう。
もっとも、私が天国の住人になれればの話ですが・・・
華永さんのブレスレットがあれば、天国行きの船に乗れるのでしょうね。

投稿: tatuno_otosigo | 2010年5月26日 (水) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議なブレスレット | トップページ | »