« 鍵が消えた! | トップページ | 一生懸命働く人 »

2010年5月 1日 (土)

舟木一夫さんのコンサートに行ってきました

特に彼のファンとかではなく、生協で半額だったし、GW中だったし、近所だったので行ったのです。

GWは遠出は止めて近場で楽しむに限りますから。

昨夜は遅めに寝たのに、夫がゴミの事で朝大きな声を出したので(カラスにやられた)起きてしまい、睡眠不足もあったとは思いますが、コンサート中、今までで一番寝てしまったかも。

舟木さんの歌は昔聴いた時より、歌詞が聞き取りにくくなってました。確か以前は活舌が良かったと思うのですが、今日は良かったり悪かったりして分かり難かったですね。

話し方が変わったのかも知れません。65歳の割には姿勢が良く若く見えましたけれどもね。夫も同意見でしたから・・。

それにしても氷川きよしの時の様にお年寄りが多かったですよ。氷川きよしさんの場合は、彼を孫の様に愛するファンだったと思いますが、舟木一夫さんの場合は、彼を恋人としてみているファンが殆どの様に感じました。

舞台に四角い飾りが置いてありましたが、飾りに見えたけれどもあれは台でした。

唄い始めると、ファンが行列になり、花束や袋などのプレゼントを渡すのです。

大体片手で持てる位になるとファンが引き、ワンコーラス分唄う間はそのプレゼントを持ってるのですが、その台にプレゼントを置きます。

すると次の行列が・・。そして唄って又台に。そんな事を多分10曲位のメロディーの間に続いて、6台が全てプレゼントで埋まってしまいました。

これは今までで見た中で、一番凄いプレゼントの山でした。

プレゼントを受け取らないと言う歌手も多いですが、彼が受け取る事で繋がりを感じるファンも多いのでしょうね。

だからこんなに長い間歌手として続けて来られているのだと思います。満席でしたよ。

遠くから来てる方々も多いらしく、トイレでは顔なじみらしいファンの方々が挨拶などをしてましたから、追っかけでしょうか?

年を召しても、ワクワクする相手が居るというのは良いものだと思います。

元気なお年寄り達が、これを生きがいに追っかけをするのも、元気の元かも。

|

« 鍵が消えた! | トップページ | 一生懸命働く人 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鍵が消えた! | トップページ | 一生懸命働く人 »