コンサート

2010年6月12日 (土)

平原絢香さんの公開リハーサルに参加しました

友人M子さんのお誘いで平原絢香さんの公開リハーサルに参加してきました。

9日に突然入ってきたお話でした。
実は今日はマンションの部品交換がありましたので、お仕事もこの日に一件入れていました。

でも行きたかったので、夫と一緒にと言うお誘いだったので、留守の夫の分を今日のお仕事のクライアントJさんをお誘いする事にしました。

クライアントさんと言ってもルキアスのメンバーですし、何度も顔を合わせているので気兼ねなく同行できますしね。

それでお誘いしてセッションは別の日に延期。昨夜突然もう1名良いと言う事になったので、身軽な独身のご近所さんをお誘いして、三名で行って来ました。

場所は埼玉県和光。初めて行きました。

Jさんの車に同乗させて頂きましたので、楽でした。

リハーサルと言っても本番と全く同じ運びで素晴らしい歌の数々。一度ライブに参加してますので実力は分かっていましたが、小さな会場で間近で見られたので、もっと素晴らしさが伝わってきます。

会場にはファンクラブの抽選で当たった方々が一杯でした。が、殆どが中年以上の男性。こんなに男性が多いライブ会場は、長渕剛さん以来。

残念な事にリハーサルなので、グッズなどは売ってませんでした。明日がこのツアーの初日とか。素晴らしいツアーになりますね。

帰りは往きよりスムーズに帰れたので、近くのガストでお茶タイム。コンサートの話やエーテル体&アストラル体セッションの話で盛り上がりました。18日に受けるのでドキドキとか。私も方もどんなものが出てくるかとドキドキですが。

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

舟木一夫さんのコンサートに行ってきました

特に彼のファンとかではなく、生協で半額だったし、GW中だったし、近所だったので行ったのです。

GWは遠出は止めて近場で楽しむに限りますから。

昨夜は遅めに寝たのに、夫がゴミの事で朝大きな声を出したので(カラスにやられた)起きてしまい、睡眠不足もあったとは思いますが、コンサート中、今までで一番寝てしまったかも。

舟木さんの歌は昔聴いた時より、歌詞が聞き取りにくくなってました。確か以前は活舌が良かったと思うのですが、今日は良かったり悪かったりして分かり難かったですね。

話し方が変わったのかも知れません。65歳の割には姿勢が良く若く見えましたけれどもね。夫も同意見でしたから・・。

それにしても氷川きよしの時の様にお年寄りが多かったですよ。氷川きよしさんの場合は、彼を孫の様に愛するファンだったと思いますが、舟木一夫さんの場合は、彼を恋人としてみているファンが殆どの様に感じました。

舞台に四角い飾りが置いてありましたが、飾りに見えたけれどもあれは台でした。

唄い始めると、ファンが行列になり、花束や袋などのプレゼントを渡すのです。

大体片手で持てる位になるとファンが引き、ワンコーラス分唄う間はそのプレゼントを持ってるのですが、その台にプレゼントを置きます。

すると次の行列が・・。そして唄って又台に。そんな事を多分10曲位のメロディーの間に続いて、6台が全てプレゼントで埋まってしまいました。

これは今までで見た中で、一番凄いプレゼントの山でした。

プレゼントを受け取らないと言う歌手も多いですが、彼が受け取る事で繋がりを感じるファンも多いのでしょうね。

だからこんなに長い間歌手として続けて来られているのだと思います。満席でしたよ。

遠くから来てる方々も多いらしく、トイレでは顔なじみらしいファンの方々が挨拶などをしてましたから、追っかけでしょうか?

年を召しても、ワクワクする相手が居るというのは良いものだと思います。

元気なお年寄り達が、これを生きがいに追っかけをするのも、元気の元かも。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

今年のクリスマスの約束は

25日に放送された「クリスマスの約束」は素適でしたね。

あれだけ大勢の歌手の方々が一つになって22分間50秒で全員のメロディを唄いましたが、皆様実力者揃いで、聞いていて感動してしまいました。

出演者が今年は全員感動の嵐でしたが、みなの心を一つにして、これを達成された小田和正さんのリーダーシップ力の賜物ですが、それに協力している若い皆様方のハッキリと自分の考えを述べるシーンは、凄いなぁと思いました。

自信があればこそ、自分の親ほどの先輩にハッキリ物を申せるのだと思いました。

失礼ながら知らない歌手の方々も居ましたが、その方々の歌の素晴らしさも知り良かったです。

やはり歌は良いですね。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

河村隆一さんのHIGH TEAに行ってきました

昨日の午後からお台場のホテル日航で行われた、HIGH TEAに行ってきました。

初めてのディナーショーじゃなく、お昼のHIGH TEAですので、先日の結婚式用に用意した上着と下はパンツで行きました。靴がブーツで済むからですが。

到着すると既に案内のところが一杯です。私は400番台でしたから、かなり後ろになると思っていましたが、かなり前でした。o(^-^)o

本当に肉眼で楽に見える距離で前に邪魔するものは何もありませんでした。(最前列ではありませんが)

Mさんとわくわくしながら席でジュースを飲んだり、ランチを食べたりして待ちました。

始まると直ぐ近くに隆一さんが居ました。

私は彼の歌が好きなだけで、彼自身がどうとかはあまりありませんので、皆さんとは余裕を持ってみていますが、でも歌も声も好きなので嬉しくなっていました。

おしゃべりの内容も私自身を振り返る事に繋がり感心して聞いていました。

そして歌ですが、それは素晴らしいですよ。癖があるので退く人も多いですが、私はそれが癖になってる人ですから。

でもですね、気づくと意識が無くなってる事が多々ありました。

えっ?!!と驚いて目を開けると、二度ほど見られていました。

隣のMさんは目が合ったと喜んでいたそうですが、実は一人眠ってる人が居たら、舞台からは目立つのでしょうね。

もちろん退屈してる訳じゃなく見てるのですよ、そして聞いている。

なのに、意識が落ちてしまいます。

浄化始めるのですよね、こう言う場所では。自動的なので私的には逆らいがたいのです。頑張ってるのですよ、でも意識が・・。(ーー;)

で、目を開けたときに見られていたと言う事が最低二回はありました。(・・;)

ごめんなさい。<m(__)m>本当に失礼な奴ですよね。(ーー;)

お昼のショーなのに沢山唄ってくれました。

皆さん、お昼も夜も出る方が多いように感じました。

このホテルに泊まって、お昼のランチそしてショー、夜のディナーそしてショーの素晴らしい一日を過ごされるのでしょうね。

私は昼で寝てるのですから、夜の食事には心惹かれるものがありますが、無理かも。

でも来年一緒に参加してくれる方が居たら、挑戦してみたいとも思ってます。(^^ゞ

で、断食道場よりも彼の細さを見て、やっぱり痩せよう!と真剣に思ったのは良かったかも。

そして帰りにMさんと話していて、現在の生活の無駄を取り除こうと決心しました。忙しいからと無駄が多い生活をしていましたから、これを色々と取り除く事を決めました。

夫も年金生活になりましたし、私自身はそれと共に締まった生活を目指そうと思っています。

彼の体のスリムさが私の生活全般にも影響したのかしら?

何はともあれ素適なショーでした。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

絢香さんのライブに行ってきました

初めての絢香さんのライブと言う事で結構ウキウキしてましたけれども、シンフォニックコンサートと言うのがチョッと気になってました。


大分緊張してるとかでいつもとは違うのでしょうけれども、唄は声量もあるし、特別上手い!と思いましたが、何だか面白さに欠けました。


と、私は思いましたよ。


曲も大好きだし声はピカイチだと思ってますけど、通常のライブを見てみたかったなぁ。


途中立って欲しいとの絢香さんのリクエストが客席にありましたが、立って踊るような曲でもないし、殆どの皆さんは立って手を叩いているだけの感じで、座ってたほうが良さそうでしたよ。


二階席は結局徐々に座りましたが、一階席は可哀想に最後まで立って聞いてましたけれども、音楽に合わせてリズムを取ってる様子もあまり見られませんでした。


もちろん唄には皆さん大満足しているのですけど、シンフォニックをバックの音楽では立って踊ってなんて事、出来なかったのでしょうねぇ。


私は一曲だけ立ちましたが(リクエストで)、あとは早々と座りました。踊れない曲では立つ意味が無いしね。


河村隆一さんと同じく、ノーマイク、ノースピーカーで唄いましたよ。ピアノだけの伴奏で。声量がありますね。(^_^)v


兎に角唄は上手い!それは大満足でしたけど。けど、これならCDでも良いかな。通常はどうなんでしょうねぇ。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

BEGINはやっぱり優しいよ

昨日関西から戻ってきたのは8月1日にBEGINのライブがあったから。

関内であったのだけど、地図をプリントアウトした筈なのに持参するのを忘れた!(;一_一)会場の関内ホールは初めてで関内駅から徒歩5分程度とは分っているけれど、着くまでヒヤヒヤ。ギリギリ行ったしね。

どうにか会場に辿り着いて、席は後ろから二番目と言うあまり良くない席。なのに、双眼鏡を忘れている。(T_T)どうもまだ頭が働いてないらしい。

だけど小さな会場だったし、坂になっているので良く見えた。

何となく進行がぎこちないなぁと思っていたら、今日がツアー初日だって、それじゃあ仕方ないね。

途中子供がギャーギャーと泣いてるのが聞こえて、こんな所に子供を連れて来て!っと一瞬非難してしまった。余りに泣くのでお母さんが抱いて後ろの方に行った。

子供が泣いたのは、こんなに大きな音、私でも鼓膜に響くから子供にはきついんだろうと、以前ハワイに飛行機が着陸する時、鼓膜を痛がった友人の事を思い出した。

その唄が終ったら、ボーカルの栄昇さんが「子供は大人みたいにしんみり聞いたりしなくても良いんだよ。泣きたければ泣いてよいよ」と言った。

この人たちは優しい。いつかのライブではリクエストを客席から訊く場面があったのだけど、子供が「アンパンマン!」と言ったら、覚えてる範囲で唄ってくれた。

そう言えば、BEGINのライブでは子供はOKなんだよね。大体のライブでは小さな子供は駄目だと書いてあるけれど、以前からBEGINのライブでは子供を見かける。優しいね。

唄も上手だし、ライブに行くとホンワカ癒される。大好きな人達だ。だけどCDはあまり売れてないそうだ。「さんまのまんま」のゲストに出たとき言ってたけれど、今回も売れてないと言っていた。

セッカチな夫と一緒だったので帰りに買えなかったけれど、アマゾンで注文するつもり。長く唄ってほしい人たちだものね。

| | コメント (1)

2009年6月 7日 (日)

やっぱり格好良い人ですね 浜省♪ o(^-^)o

Photo 今回の会場は水道橋に在るJCBホール。ボクシングの試合とかもやってる深い会場。

深いと言うのは二階三階と縦に重なっていて、アリーナで行われる試合を覗き込むのではないかと思われる。

スライドしてないからステージからも近く見易い。

私は三階席の一番前。但し端より。
でも円形なので端でも見るのにはあまり不自由は無いけど、ステージ端のバイオリン奏者は全員見渡せなかった。が、いつものバンドのメンバーはシッカリ見える位置だったので、損傷無かったです。

今回はかなり昔の曲が唄われました。バラードも激しい曲もありましたが、いつもならロックな曲は立ち上がって踊り出すファン達ですが、今回は何か取り決めがあるようで、一人も立ち上がる事なく座って聴いてました。

多分会報とかで書いてたのかな?殆ど読んで無い浜省ファンですから・・私^_^;

激しい音楽が流れると身体が自然と動くのに、座っていないといけないとは・・不満が残りますね、欲求不満。( 一一)

アンコールでは全員立ち上がって踊り出しましたが、やはりメリハリ付けてバラードは座る、ロックな曲は立ち上がっても良いとルールがあれば楽かも。

河村隆一さんのライブがそうでしたが、なかなか良いと思いました。

浜省が舞台に出てきたとき、ハッとしたのは、白髪染めしてない!

のかな?上から見てるから、ライトが当って白髪に見えるのか?本当の所は分かりませんが、もし染めるのを辞めたのなら、潔い!と思いました。

白髪でも身体は締まり若々しい肉体です。声はハリがあり、歳を重ねるほど益々上手さも加わって素適♪

最後までどうなの?と思いながら見てましたが、白髪でしたけど・・。

大体いつも白髪染めが下手だなぁと思ってましたから、本人もそう思ったのかな?で、辞めた!のかな?

最初の衣装はラフでしたが、二度目の衣装は上品な紫色のシャツに、身体にフィットした仕立ての良いスーツ。双眼鏡で見るとかなり高級な服ですね。靴も。イタリア製かな?ブランドとか全くワカリマセンが、アルマーニとかの服かしら?と思いました。

色は黒だと思いますが、細い縞が入ってるみたいでした。一見したところ無地ですが、双眼鏡で見て分かりました。

私より二歳年下の50代の男性です。紫のシャツ以外は外に着て歩いても普通でしょう。都会なら紫も別におかしくないですけどね。

こんな服をサラリと着こなす浜省、格好良い人でした。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

| | コメント (0)

今夜は浜省ナイト♪\(^o^)/

今夜は待ちに待った(でも無いかぁ)浜田省吾さんのファンクラブイベントであるライブです。

抽選で当りました。ツアーが無いときに開いてくれるライブで、ファンクラブにいる方のみが対象の抽選があり、今回当りました。

何度か抽選がありますが、一度当ればそのイベントはもう参加できません。

特に今回は、身分証明書(写真つき)、会員証、チケットが無いと入れません。それにチケットに座席が明記してなくて、入場する時にチケットを航空会社と同じ感じで通すと分かるようになる見たい。これはワクワクしますね。(^-^)

それだけチケットが金儲けに利用されていると言う事で、今回は絶対そんな事させない!と言う断固とした姿勢をみせているようです。

これ位しないといけないとは残念ですが・・。

所で私は浜省ファンでファンクラブに入ってる方と身近に友人が居ないので、一人参加になります。

友人同士で参加したい場合は、その旨書いて抽選に望めばそうなるように配慮されるようです。

この所浜省のライブは一人参加なので、別にどうでも良いですけどね。

一人楽しみますよo(^-^)o

そう言えば、着ていく服がありませんので、行く前に新宿によって買うかなぁ。関西出張にも使えるし・・。でも又ギリギリにバタバタ行く事になりそうなので、買ってる時間など無さそうな予感がしますが・・。(^^ゞ

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

映画「ダブリンの街角で」のスウェル・シーズンのライブに行ってきました

席はかなり後から申し込んだので、東京国際フォーラムのCホール(初めて入った)の二階の真ん中。三階まであるみたいなので、二階の真ん中でこの会場のど真ん中に位置していました。

小さいホールだったし二階だったので、見渡せて良かったです。

最初にリアム・オ・メンリィと言う同じくアイルランドの歌い手。アイリッシュ・ソウル・シンガーと紹介されている方で、面白い楽器で素晴らしい唄を唄いました。

一緒に唄わされたりして、英語だけど、それは皆さん分って、確か♪ゴ~マゴ~マ♪と唄いましたよ。

そしてスウェル・シーズンのバンドです。映画で共演したマルケタ・イルグロヴァも一緒でした。

素晴らしい歌声ギター演奏、そしてバイオリンが素晴らしかったです。アイリッシュ音楽に又惚れてしまいました。と書くと、さもシッカリ聞いてたようですが、実は殆ど寝てました。起きねば・・と思うのに、物凄く眠い。帰りに電車はハッキリ目が開いてたし、睡眠不足で・・じゃないみたいだし・・何でしょうね?

殆どが寝ながら夢の中で聞いてる状態。でも凄い迫力は分ってます。

どうしてなのかワカリマセンが、何かアイルランドにありそうな感じですね。トラウマかな?何かあった国かも。

いつか行きたいなぁと思ってます。日本人のガイドさんを見つけて、ストーン・ヘンジ(此処に凄いのがあるそうです)に行きたいと思ってます。

それにしても彼のギターは凄い事になってましたよ。デッカイ穴が空いてました。激しい演奏で手が当る所に大きな穴が空いていて他の場所も擦れてました。

そのギターで素晴らしい音を出してる彼は凄い!

今回満喜子さんの倍音ワークに行かないで(お休みだったそうですが)、ライブに行く方が良いと言ったダウジングの意味は何?

殆ど寝てたのは何?やっぱり何か大きな事があったのだろうか。

アルバム買ってきました。運転しながら聴くと危ないかも知れないけれど、しばらくは彼の音楽で運転したいと思います。

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

平原綾香さんのライブに行ってきました

以前から一度行って見たいと思っていた方でしたが、今回チケットが取れたので行ってきました。

友人M子さんの親しくお付き合いしているご家庭のお嬢さんだと聞いていたので、何となく親近感も感じたりしていて、満席の会場を見て喜んだりしてました。バカですねぇ。(^^ゞ

唄はご存知の様に上手いですよ。声も良い。

オープニングの曲が大好きな曲で惹き付けられました。オープニングの曲名は、ネタバレになるので書きませんが、外は良いかな。

毎週楽しみに見ていたドラマ「風のガーデン」で流れていた「カンパニュラの恋」が唄われた時には、故緒方拳さんを思い出してしんみりしました。

そしてやはり「ジュピター」は凄いですね。声域の広さを生のライブで知らされました。

「明日」は殆ど知りませんでしたが、ジーンと着ました。とっても良い歌ですね。

でもとっても印象的だったのは、バンドのメンバーの紹介でしょうか。

とっても分りやすいというか、印象的な紹介だったので、全員頭に入ってしまいました。

今まで何度もそんな紹介を聞いているのに、こんなに全員の事が理解できたのは始めてかも。

バンドの皆さんに対する愛情を感じました。そしてバンドの皆さんからも愛されていますよ、綾香さん。

お客さんの声援が熱い事。

最初寝ていた夫も起きてみていました。

いつも一度はシッカリ爆睡する私は一瞬眠くなりましたが、往きの電車で爆睡していったお陰なのか、この方の気が良いから場が浄化されていたのか、いつもの爆睡が無かった珍しいコンサートです。(爆睡してる方が珍しいけど)

大満足のコンサートでした。

6月はとうとう浜省のライブです。ワクワクo(^-^)o

その前に河村隆一さんのライブがありますが。前回のライブは特殊だったから、今回は通常のスタイルが見られるとあって行く事にしました。

あのネチッコイ唄い方が癖になったようです。最初は大嫌いな唄い方だったのに、変に癖になりますよ、あの唄い方。夫は嫌いみたいだから、友人と行きます。

本当は吉田拓郎さんのライブに行きたいのだけど、チケットが取れませんでした。(T_T)

ライブは良いですよね。でも誰のライブでも良いわけじゃないですよ。やっぱり上手くても好みがあります。上手くて当たり前。上手くて好み。声とか唄い方とか、何かワカリマセンが、魂が喜ぶ歌い手じゃないとね。って、思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おすすめサイト お知らせ イベント ウェブログ・ココログ関連 エジプトの旅2008年12月 エネルギー コンサート セッション記 タレント考 チャネリング テレビドラマについて ハワイ島の風 ヒプノセラピスト養成講座 ヒプノ情報 ビューティコース ファッション・アクセサリ ブループリント解読 ブレインジム ペット マウント・シャスタ&サンフランシスコへの旅 2007年7月 マヤ関連 ミィスティックヒーリング&講座 ミクシイの世界から リズミックムーブメント ルキアスエネルギー関連 ワンネス・函館マリアさんからのメッセージ ワーク 不思議 不思議旅行記 不思議系独り言 九州の旅 2007年5月 人物考 倍音 函館・札幌の旅2008年 動物関連 友人関連 取りとめも無い独り言 大阪・福岡の旅2008年8月 大阪中津・京都伏見浄化(?)の旅 学問・資格 定年 宮古島2008年夏至の旅 宮古島の旅 床暖房あれこれ 徳島・天川・長谷寺・尼崎浄化(?)の旅 感動編 手作りブレスレット 携帯・デジカメ 教育キネシオロジー 整体師Kさん関連 文化・芸術 旅日記 旅行・地域 日常の出来事 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 景色色々 暴力・迫害 札幌・室蘭・函館の旅 気づき 気付き 渡辺満喜子さんリーディング 石関連話 脳の不思議 自動全身骨格調整 舞台 芸能・アイドル 闇とは 音楽 風景 髪の毛シリーズ 魔法の手 PC関連 RMT